All posts by Owner

VOL551 乾燥わかめを使った調理例

ごま香るおつまみわかめ

材料
1、 乾燥わかめ…約6g
2、 白いいりごま…少々

調味料
1、 おろしにんにく…小匙1/4
2、 鶏がらスープ…小匙1/3
3、 醤油…小匙1
4、 ごま油大匙1/2

作り方
1、 乾燥わかめを水に戻す、しっかり水気を切る
2、 ボウルに調味料を入れ混ぜ合わせる
3、 わかめを加えて、混ぜる
4、 お好みで白いいりごまを散らして、完成

VOL551 乾燥わかめについて

写真の出典:https://kango.mynavi.jp/contents/nurseplus/lifestyle/20231105-2167045/

乾燥わかめとは、わかめを水で洗浄したものまたはこれを湯通ししたものを乾燥したものを称します。乾燥わかめは水分を抜いたものになり、その分保存期間を長期化させることができます。
生わかめと乾燥わかめの栄養素の違いについて、日本食品標準成分表(2020年版)で比較すると、栄養素に大きな違いはありませんでした。食物繊維、カルシウムは乾燥わかめの方が若干多く、カリウムは生わかめの方が多いという結果でした。

乾燥わかめの効能
1、 乾燥わかめに含まれている食物繊維は、生わかめ100gあたり3.6gに対し、5.6gになります。食物繊維には腸内の善玉菌を増やす働きがあり、便秘改善効果が期待できます。また、血糖値の上昇を緩やかになり、肥満を防ぐダイエット効果もあります。
2、 乾燥わかめに含まれているヨウ素は、生わかめ100gあたり1600㎍に対し、1900㎍になります。ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料になり、甲状腺ホルモンは脂質や糖質の代謝を促進し、ダイエット効果があると言われ、子供の健康な成長の為欠かせないホルモンになります。ちなみに、約7gの乾燥わかめで1日分のヨウ素の摂取目的量が摂ることができます。
3、 乾燥わかめに含まれているビタミンKは、血管内で動き止血効果、動脈の健康維持をするほかに、骨を作り骨粗しょう症予防にも役に立ちます。
4、 乾燥わかめに含まれているマグネシウムは、身体の代謝に必要な酵素を活性化させて、エネルギー生成の手助けをし、カルシウムと結びついて骨の生成や健康維持をする働きがあります。
5、 乾燥わかめに含まれているカリウムは、塩分の取りすぎを調整する上で重要な栄養素になります。余分な塩分を体外に排出するほかに、筋肉の収縮や神経の情報伝達を調節したり、細胞内の浸透圧や体内のpHバランスを維持したりする働きがあります。
6、 乾燥わかめに含まれているナトリウムは、生命活動の維持に欠かせないミネラルで、カリウムと同様、体内水分バランスや細胞内の浸透圧を正常に保ったり、筋肉の収縮や神経の情報伝達を調節したりする働きがあります。

VOL550 乾燥ひじきを使った調理例

ひじきの揚げ巻

材料
1、 乾燥ひじき…約10g
2、 油揚げ…5枚
3、 人参…1/2本
4、 いんげん…5本
5、 水…300㏄

調味料
1、 だしの素…小匙2
2、 砂糖…大匙1
3、 酒…大匙1
4、 みりん…小匙2
5、 醤油…大匙1

作り方
1、 乾燥ひじきを水に戻す、人参を4~5㎝長さに千切りする、いんげんはヘタを取り半分に切る(耐熱容器にラップをかけレンジ600Wで1分加熱
2、 油揚げは菜箸を転がして開き、長さの一つを残した3辺を切って開く
3、 長さを手前にして置き、ひじき(1/5の量)、にんじん(1/5の量)、いんげん(2本)を乗せて巻く、巻き終わりは爪楊枝でとめる
4、 フライパンに強火に熱し、揚げ巻を並べ、両面きつね色になるまで焼く
5、 水と調味料を入れ、一煮立ちをし、落とし蓋をしてから弱火で10~15分程度煮る
6、 粗熱を取り、半分に切って、断面を上にして盛り付け、完成

VOL549 小満について

2024年5月20日(月)、二十四節季の第八番目の小満(しょうまん)です。
「暦便覧」によると、「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」、小満とは陽気がよくなり、草木などの生物が次第に成長して生い茂るという意味になります。ちなみににしにほんでははしり梅雨が現れる頃です。
「小満の候」とは、小満の日から、次の節季「芒種(ぼうしゅ)」の前日まで使うことができます。今年の芒種は6月5日の為、5月20日から6月4日までは「小満の候」と称することができます。

「小満の三候」
1 「初候」…蚕起食桑(かいこ起きてくわをはむ)、5月20日から5月25日頃、蚕が桑の葉をたくさん食べて成長する頃になります。人々の暮らしを支えていたため、「おかいこさま」と敬称をつけて呼ぶ地方もあります。
2 「次候」…紅花栄(べにばなさかう)、5月26日から5月30日頃、あたり一面に紅花が咲く頃になります。紅花は古代エジプト時代から染料として利用され、花弁(はなびら)の水に溶ける黄色の色素と、水に溶けない赤の色素から、紅色が作られます。
3 「末候」…麦秋至(むぎのときいたる)、5月31日から6月4日頃、麦が熟し、たっぷりと金色の穂をつける頃になります。百穀が成熟する、麦にとっての「秋」です。この時期に穂を揺らしながら吹き渡る風を「麦嵐
4 、又は降る雨を「麦雨」と称します。

小満の食べ物
●辣韮(らっきょう)
中国が原産で日本には19世紀までに伝来し薬用、野菜として全国に普及したと言われています。若摘みしたものはエシャロットと呼び、生食され、食欲増進効果があります。
●桜桃(さくらんぼ)
語源は桜を擬人化した「桜ん坊(さくらんぼう)」と言われています。山桜などの桜類の果実は多くのものが食べられますが、現在スーパーに並ぶのは殆どヨーロッパ種の物になります。果実に様々な味、色、形のものがあります。
●メロン
アフリカ原産で、日本には明治時代頃に入ってきたとされ、環境上栽培が難しく高価な果物の代名詞となっています。果肉は、赤肉種、青肉種、白肉種の3種類に分類されています。

小満の虫
●てんとう虫
よく知られている背中に斑点が7つあるナナホシテントウ、背中の黄色いキイロテントウ、病気の菌を食べてくれるテントウなど大きさ、色、様々な種類や役割を持ったテントウムシがいます。

小満の行事
●潮干狩り(しおひがり)
旧暦の15日頃は潮の干満の差が大きく「大潮」と呼ばれ、この時期は多くのかいが見つかりやすいとされています。熱中症に注意し、熊手とバケツを持って皆んなで楽しく取りに行きましょう。

VOL548 乾燥ひじきについて

乾燥ひじきとは、褐藻(かっそう)類ホンダワラ科ホンダワラ属に分類される、海藻類の一種であり、それを乾燥させたものを称します。波が荒い海岸近く、岩場などに生息され、繁殖します。北海道の南部から広域で収穫することができます。後春ごろに旬を迎え、収穫時期となります。旬すぎてくと葉が硬くなってくるため、その時期に収穫されるひじきは、主に乾物ひじきとして流通することになります。

ひじきの効能
1、 ひじきに含まれている食物繊維は、腸の動きを正常化に役に立ち、便秘予防・改善効果が期待できます。
2、 ひじきに含まれているカルシウムは、骨や歯を形成する栄養素になります。また、筋肉の収縮や神経を安定させる作用があるとされています。ちなみに、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると利用効率がアップし、乾燥椎茸との組み合わせをお勧めします。
3、 ひじきにふくまれているフィコンタンニンというポリフェノールは、美肌・老化防止に繋がる抗酸化作用や、血糖値の上昇を緩やかにする効果がきたいできます。また、抗ウイルス作用、抗炎症作用もあるとされています。

VOL547 乾燥ゼンマイを使った調理例

乾燥ゼンマイ炒め

材料
1、 乾燥ゼンマイ…100g
2、 人参…1/4本
3、 パプリカ…1/4個
4、 玉ねぎ…1/4個
5、 パクチー…適量

調味料
1、 ごま油…大匙1
2、 醤油…大匙1
3、 砂糖…大匙1
4、 おろしにんにく…適量
5、 豆板醬…小匙1

作り方
1、 たっぷりのお湯に乾燥ゼンマイを浸け、冷めたらまたお湯を換えて、数回繰り返し、8時間以上(一晩)戻す
2、 水気を切り、食べやすいサイズにカット
3、 人参、パプリカと玉ねぎは、細切りにする
4、 フライパンにごま油を熱して、戻したゼンマイを炒める
5、 人参を加えさらに炒める、玉ねぎとパプリカを加える
6、 順次に調味料を加え、満遍なく馴染ませる
7、 盛り付、パクチーをのせて、完成

VOL546 乾燥ゼンマイについて

写真出典:https://www.miyazakiya.jp/webshop/shiitake/zenmai.html

乾燥ゼンマイとは、名前通りゼンマイを乾燥させたものを称します。ゼンマイとは、ゼンマイ科の多年生シダ植物で、各地の丘陵(きゅうりょう)や草原に生え、春に芽生えた栄養葉は、山菜として食用されています。日本と東アジア原産となり、日本では北海道から沖縄まで各地の平地から山地まで、丘陵地帯、谷間、草原などの山野、湿った土手や斜面、湿原、河岸に群生し、水気の多いところを好み、渓流のそばや水路の脇などによく出現します。
ゼンマイは、春の若芽が代表的な山菜として知られ、灰汁抜きをしてから食用をします。天日干しすることにより長期保存が可能になり、水煮ゼンマイに比べて食感と風味が優れ、素材の良さを感じられます。

乾燥ゼンマイの効能
1、 乾燥ゼンマイに含まれているβ-カロテンは、色素成分の一種であり、高い抗酸化作用が期待できます。体内の活性酸素を取り除いたり、活性酸素が発生すること自体を抑えたりする働きがあります。活性酸素は体内に過剰発生すると老化の進行やがんの発生に繋がる可能性があると言われています。また、β-カロテンはビタミンAと同様の働きをする栄養素として知られ、目の健康維持効果が期待できます。
2、 乾燥ゼンマイに含まれているカリウムは、人体の細胞内に多く存在する成分であり、細胞内液の浸透圧を調整する過程で、ナトリウム(塩分)の排出を行います。ナトリウムは過剰摂取するとむくみのほか、高血圧やがんの発生リスクを高める成分として知られています。ちなみに、高血圧を予防するにはカリウムの積極的な摂取が望ましいです。
3、 乾燥ゼンマイに含まれているビタミンB2は、糖質と脂質の代謝に関わる栄養素で、糖質や脂質をうまくエネルギー化することで肌荒れ防止に役にたつと言われています。
4、 乾燥ゼンマイに含まれている食物繊維は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を正常にする働きがあると言われています。

VOL545 寒天を使った調理例

白きくらげとなつめの寒天ゼリー


 
白木耳、なつめ、コクの実と氷砂糖をコトコト煮た薬膳デザートスープは、薬膳の世界ではお馴染みのレシピとなります。

材料
1 白きくらげデザートスープ手作りキット
2 寒天…約8g

作り方
1 白きくらげはよく洗い、水に1時間ほど浸けておく。柔らかくなったら、石づき(硬くて黄色いとこ)を取り除く。
2 なつめは、洗ったら水に30分程度浸ける。
3 鍋に1L水、白きくらげとなつめを入れ、強火で沸騰させ、弱火で1時間程度煮る。
4 季節の果物をお好みで加え、さらに20分程度煮る。
5 火を止め、軽く洗った枸杞の実と氷砂糖を加え、氷砂糖が溶けたら完成。
6 出来上がったデザートスープの具材を取り出し、用意した容器に入れる
7 鍋にデザートスープに寒天を入れ、沸騰してから1〜2分、混ぜながら火を止める
8 寒天液を容器に流して、冷蔵庫で冷やし固める、完成

VOL544 寒天について

写真出典:http://matsubayashoten.jp/shopdetail/023000000021/

寒天(かんてん)とは、天草(てんぐさ)、おご海苔などの紅藻類(こうそうるい)の粘液質を固めた物を凍結・乾燥させた物を称します。
天草やおご海苔などには寒天質が含まれており、凍結・乾燥させることによって、寒天が出来上がります。そのきっかけになったのはところてんと言われています。ところてんは、海藻類の寒天質を冷やし固めた物です。ある時ところてんを外に放置していたところ、寒さで凍った後に日中の日差しで自然乾燥により寒天が生まれました。ところてんと寒天は製法が違うだけで原料が同じということになります。

寒天の効能
1、 寒天に含まれている食物繊維は、腸の動きを正常化に役に立ち、便秘予防・改善効果が期待できます。また水溶性食物繊維のデキストリンは、大腸でミネラルの吸収を促進するという研究も発表されていました。さらに、デキストリンを摂取すると便の体積が増え、腸内細菌の代謝物である短鎖脂肪酸量が増加し、腸内ph値を低下させ、ミネラルの吸収率をアップする効果が期待できます。
2、 寒天に含まれているカリウムは、体内の塩分を外に出し、高血圧予防効果が期待できます。
3、 寒天に含まれているカルシウムは、骨や歯を形成する栄養素になります。また、筋肉の収縮や神経を安定させる作用があるとされています。ちなみに、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると利用効率がアップし、切り干し大根と乾燥椎茸の組み合わせをお勧めします。

寒天の注意点
1、 寒天には食物繊維が豊富ですが、他の栄養素はそれほど多くないため、寒天ばかり摂取すると他の栄養が不足しがちで、かえって不健康になってしまう可能性があるため、注意しましょう。
2、 寒天には食物繊維が多く含まれている分、食べ過ぎると人によってお腹を下す場合があり、下痢や腹痛を引き起こしてしまう場合があるため、注意しましょう。
3、 摂取目安としては、成人男性21g程度、成人女性18g程度です。

VOL543 切り干し大根を使った調理例

切り干し大根の中華和え

材料
1、 鶏胸肉…100g
2、 きゅうり…1本
3、 大根切り干し…10g
4、 人参…100g
5、 玉ねぎ…1/2個
6、 煎りごま…適量

調味料
1、 醤油…大匙1
2、 黒酢…大匙1
3、 ごま油…大匙1
4、 砂糖…大匙1
5、 おろししょうが…適量
6、 塩…小匙1
7、 豆板醬…小匙1

作り方
1、 大根切り干しは水に浸けて戻す、食べやすサイズに切る
2、 人参は細切りにする
3、 大根切り干しと人参はさっと茹でる
4、 きゅうりは細く切り、塩で軽く揉んで、しなりしたら水気を絞る
5、 玉ねぎは薄く切り、10分程度水にさらす、辛味が和らいだら水気を切る
6、 加熱した鶏肉は、冷めたら手で細く裂く
⚫️鶏胸肉は鍋に入れ、たっぷりの水に塩と酒を入れ、強火にかけ、沸騰してきたら弱火で15分程度茹で、火を止めて15分程度置く
⚫️鶏胸肉は酒をふり、フォークで数カ所穴をあけ、ラップをしてレンジの加熱(一枚600W5分程度)、裏返し再度加熱(600W5分)
7、 ボウルに全ての材料を入れ、調味料を加え、満遍なく馴染ませる
8、 盛り付、炒りごまをまぶして、完成